とげなしレモンの接ぎ木苗の栽培

とげなしレモンの市販接ぎ木苗

2017年11月30日夕方に、ホームセンターのDCMダイキ(株) ペット&グリーン本山店でとげなしレモンの市販接ぎ木苗を買ってきました。詳細な品種は書いてないので不明ですが、とげが小さい「アレンユーレカ」か、とげなしレモン「ビアフランカ」あたりではないかと考えています。とりあえず実が生ってくれたら何でもいいので、気になるのは耐寒性があるかどうかと、自家結実性があるかどうか(1本で生るか)ぐらいです。結果年数は2~3年と思われます。レモンは橙(だいだい)と同様に縁起物で、「代々(橙)家系が栄える」といわれているようです。

とげなしレモンの苗木DCMダイキ(株)ペット&グリーン本山店で買ってきたとげなしレモンの市販接ぎ木苗。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木ネットを外してみると、台木に接いであるのがわかります。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木短いとげがついています。木が大きくなるとトゲはなくなるそうです。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木苗木の最上部の切断面の近くにもトゲがあります。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木苗木についていたタグ。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木タグの裏側の説明書き。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木苗木はあまり大きくありません。一緒に売り場にあったユーレカという品種のレモンの苗木の方が大きかったです。買おうか逡巡しましたが、ひとまず見送りました。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木ポリポットから土ごと引き抜いて、プラスチック鉢にセットして高さなどを確認しました。底部に「花と野菜のかる〜い培養土」を敷きました。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木「花と野菜のかる〜い培養土」を隙間に充塡しました。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木台木と穂木の境目。この部分は土に隠れない方がよいとされています。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木移植完了。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木最後に水をたっぷり遣りました。ベランダに置いています。(2017年11月30日)
とげなしレモンの苗木新しい芽が左右と下に合計3本出てきています。(2018年2月23日)
とげなしレモンの苗木もう少し近づいて撮影。3本目(下段左側)もはっきり確認できます。(2018年2月23日)
とげなしレモンの苗木左側の枝。(2018年2月23日)
とげなしレモンの苗木右側の枝。(2018年2月23日)
とげなしレモンの苗木寒暖の差が激しいせいか、葉っぱの紫色がここ数日で急に濃くなってきました。(2018年2月27日)
とげなしレモンの苗木2本の新芽の下に出てきている3本目(下段左側)の接写。(2018年2月27日)
とげなしレモンの苗木1ヶ月前と比べて、新芽が急に大きくなってきました。(2018年3月26日)
とげなしレモンの苗木全体を撮った写真。(2018年3月26日)
とげなしレモンの苗木栽培を始めてから1年2ヶ月後、1枚前の写真から10ヶ月後に撮った写真。(2019年2月1日)

今後の予定

とげなしレモンの苗木といっても、普通のレモンの苗木とあまり変わらないのではないかと思っています。今回の品種がビアフランカだとすれば四季咲き性が弱いので、四季咲き性が強いユーレカという品種も育ててみたい気もします。あるいはアレンユーレカでもいいです。今、逡巡しているところです。→ 結局、アレンユーレカレモンを買いました。

冬を室内で越すことができるように鉢植えにしています。ベランダでは冬の冷え込みが厳しいので、寒さで枯らさないようにしなければなりません。

2018年2月27日現在、新しい枝3本が順調に成長しています。室内で冬越ししている間に出てきていました。これから暖かくなるとエカキムシが出現して食い荒らされるのが気掛かりです。

2018年3月26日現在、新しい枝3本のうち、最上部の2本が生長してY字形になってきました。おおむね順調といえます。

2019年2月1日現在、ベランダに置いていますが、寒さに負けず、枯れずに生きています。


地植えした接ぎ木苗のデータと予想される結果年数

苗を入手した場所
DCMダイキ(株) ペット&グリーン本山店
苗の種類
接ぎ木苗
苗の大きさ
地表から60cm
栽培場所
アパートのベランダ
結果年数
2〜3年







関連記事


シークヮーサーの栽培


おすすめ記事






シークヮーサーに含まれる有用物質

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

カテゴリー

アーカイブ