シークヮーサーの実生苗の鉢植え栽培

アイキャッチ画像は2017年5月12日現在の実生苗です。

これまでの経過

シークヮーサーの実生2017年4月29日に種から発芽しているのを発見しました。
シークヮーサーの実生2017年5月6日現在、少し生長しました。
シークヮーサーの実生2017年5月7日現在。
シークヮーサーの実生2017年5月18日現在。
シークヮーサーの実生2017年5月22日現在。2本目も出てきました。
シークヮーサーの実生2017年5月22日現在。3本目も出ていました。
シークヮーサーの実生2017年5月22日現在。全部掘り起こしたら1個の種から3本得られたので、合計5本ありました。
シークヮーサーの実生2017年5月22日現在。これらを鉢植えにしました。この写真で、右上、左上、左下の3本は1個の種が発芽したものです。
シークヮーサーの実生2017年6月28日現在。5本全部育っています。
シークヮーサーの実生2017年7月19日現在。今のところ害虫にはやられていません。
シークヮーサーの実生2017年7月19日現在。幹も少し太くなってきました。
シークヮーサーの実生2017年7月24日現在。アゲハの幼虫が発生していました。退治したので写真には写っていません。茶色の小さい幼虫で1齢幼虫ぐらいでした。双葉にいましたが、すでに本葉が食害されれいます。油断も隙もありません。これが畑に地植えしたものだったら見つけるのは難しいと思います。
シークヮーサーの実生2017年9月29日現在。鉢の下から根が出てきています。そろそろ鉢を一回り大きなものに替える必要がありそうです。
シークヮーサーの実生2017年9月29日現在。鉢の中央の1本が大きくなっています。さらにそのまわりに4本あります(合計5本)。
シークヮーサーの実生2017年10月7日現在。大きな苗の先端に新芽が出てきています。
シークヮーサーの実生2017年10月20日現在。10月7日時点の若葉が大きくなっています。
シークヮーサーの実生2017年10月20日現在。大きな苗の先端が分岐しています。10月7日時点では分岐していませんでした。
シークヮーサーの実生2018年3月25日現在、5ヶ月前より少しだけ伸びた感じです。もう一つの鉢の実生苗の高さの半分くらいしか伸びていません。縦に伸びなかったかわりに分岐が多くなっています。
シークヮーサーの実生葉っぱの状態はきれいです。
シークヮーサーの実生新芽が出てきているのが確認できます。
シークヮーサーの実生2018年3月26日現在、昨日の反対側から全体を撮影。

まとめと今後の予定

シークヮーサーの種を接ぎ木苗の鉢の土に軽く埋めておいたら発芽しました。3ヶ月足らずでやっと安定した木らしくなってきました。しかし、このまま生長を見守っていたら実が生るまで10年ぐらいかかりそうです。

一般に実生苗は親と同じ実は生らないといわれていますが、柑橘類の場合は同じものが得られるといわれます。柑橘類は多胚性の種なので、受粉によって出来た1つの雑種胚と複数の珠心胚(親株のクローン)からなります 雑種胚は普通は弱いので発芽率は2%程度、珠心胚が成長する可能性は98%程度といわれています。今回、1個の種の中から3本の芽が出てきました。珠心胚を育てれば親と同じ形質を持つ個体を得ることができるますが、優良突然変異個体が得られることもあります。

このように、シークヮーサーの実生を育てることは非常に興味深いことは間違いありません。ただ、問題は実が生るまで何年かかるかわからないことです。最低でも10年は覚悟した方が良さそうです。ただ、小さい鉢からは始めて、根詰まりと鉢増しを繰り返すなどして、うまくやれば結実が早くなる例もあるようです。

ある程度木が大きくなったら、すでに実が生っているシークヮーサーの枝を接ぎ木して、実を得ることもできそうです。でも、実生苗では結実まで最低でも10年ぐらいかかりそうなので、やはり、接ぎ木苗の地植えと鉢植えには敵わないと思います。そして、実生苗の地植えでは、冬の寒さのための枯れてしまうことも考えられるので、実生の鉢植えを3位にしたいと思います。ただし、優良突然変異個体が得られる可能性があることを考えると、結実年数を度外視すれば最も可能性のある栽培になることは間違いありません。上記の2017年5月22日の写真の4枚目にある右上、左上、左下の個体です。小さい方から数えた時の3本です。

2017年12月4日現在、1本だけ大きくなっています。しかし、先端で分岐してくれているので、分岐せずに棒苗になっているシークヮーサーの実生苗よりは大苗にするのが簡単そうです。

鉢植え用の実生苗は最低1本あればいいのですが、ひとまず残りの4本もこのまま育てて行きます。

2018年3月25日現在、種を蒔いてからほぼ1年になります。中央の1本が最も大きく育っています。残りの4本も枯れずに育っています。このまま間引きもせずに鉢植え栽培を続行できそうです。時期を見て鉢増しをします。


鉢植えの実生苗のデータと予想される結果年数

苗の入手方法
DCMダイキ本山店で買ってきた接ぎ木苗に生っていた果実の種が発芽したもの
苗の種類
実生苗
苗の大きさ
まだかなり小さな実生苗
2017年7月いっぱいで発芽してから3ヶ月
栽培場所
鉢植えでベランダ
予想される結果年数
7年〜10年と予想
実生苗の特徴
一般には親と同じものは得られないと言われているが、柑橘系の場合は珠心胚実生を育てれば親品種と同じ形質を持つ個体を得ることができる。







関連記事


シークヮーサーの栽培


おすすめ記事






シークヮーサーに含まれる有用物質

  1. 1

  2. 2

  3. 3

ランキング一覧

カテゴリー

アーカイブ