• 2017.07.30

柑皮症をβ-カロテンの分子構造から考えてみるという記事を公開

柑皮症をβ-カロテンの分子構造から考えてみるという記事を公開しました。

有機化合物が水に溶けるか、溶けないかの予測のしかたを解説しました。その上で、β-カロテンが水に溶けない分子なので、体内の疎水的な環境に取り込まれた結果が柑皮症であるという結論です。でも、β-カロテンは摂取過多を続けない限り、だんだん減っていきます。